今日のお買い物: SONY BluetoothヘッドセットSBH20

SONY SBH20はスクエア型のコンパクトなBluetoothヘッドセット。

001.jpg

Bluetooth経由で通話や音楽、ワンセグも楽しめる他、NFCでのペアリングにも対応している多機能君。
2台同時待受けが可能なマルチポイントにも対応している他、マルチペアリング対応で、最大8台まで機器登録が可能。

Bluetooth Ver3.0を搭載し、連続通話(音楽再生)時間が最大6時間、連続待ち受け時間が最大200時間というスペック。詳細は公式サイトを参照のこと。

 

■購入した経緯

  • 最近、運動不足を解消するためにジョギング・ウォーキングを行うようにしているのだが、音楽のお供として持っていくDell Streakが大きくて邪魔。
  • 持ち回り品としてポーチに入れているのだが、音楽の操作をする度にポーチから出したり戻したりが面倒。
  • また、カナル型イヤホンを併用しているが、コードが長いためタッチノイズが多発し不快。
  • 音楽プレイヤーを交換する手も考えたが、Streakにフィットネスアプリを入れて使用しているため、結局Streakは持ち運ばなければならない。


    以上の経緯から、音楽・フィットネス計測の母艦としてStreakを持ち運びつつ、音楽再生のみBluetooth経由で行えば全て解決する、という目論見。

     

    ■SBH20を選んだ理由

  • SONYブランドながら、購入当時約3400円と安かった。
  • コンパクトかつ、金属クリップが付きでジョギングにもってこいの設計。

    要するにいいものが安く売ってたから。
    以前使っていたBluetoothレシーバーは1000円少々の安物だった故に音質は悪いわバッテリーの持ちは悪いわある日突然故障するわで苦労した。

    文字通り安物買いの銭失いになることが多いので、特にリチウムイオン電池を搭載する機器はそれなりのブランドのものを買うように心がけている。
    SONYブランドなら安くてもハズレは少ないだろう/故障しても保証があるだろうという安心感が大きい。

    他のレビューを見ていると音楽再生6時間(実質約5.5時間)はやや短いという評価だったが、ジョギング・ウォーキングをする分には全く問題ない。
    個人的には電池の持ちや音質を考えて普段は有線イヤホンを使用するようにしているので、長時間の再生を求められるシチェーションはそう多くない。

     

    ■開封の儀

    PC070038.JPG

    現在使用しているイヤホンと合わせてブラックにしたかったが、ホワイトのほうが安かったので。
    付属イヤホンは本体をクリップで首周りにつけることを想定して設計されているのか、非常に短く取り回し良好。
    また個人的に非常にこだわっている3.5mmイヤホンプラグがL字*になっていて、出っ張りが非常に少ない点が評価できる。


    PC070039.JPG

    裏側。
    このタイプのブリスターは開封しやすくていい。

    PC070040.JPG

    付属品一覧。充電用のmicroUSBケーブル(長さがちょうどいい)とAC-USBアダプターも付属。
    こういう商品買うごとにAC-USBアダプターが増えてきてもう飽和状態。

    PC070041.JPG

    本体。このパネルで操作する。後ろのAC-USBアダプターと比較すればサイズが分かりやすい。
    ピンクのシールは保護シールを剥がすための台紙。

    PC070042.JPG

    裏面。金属製のクリップでグリップ力は抜群。
    台座が回転するようになっているので向きを自由に決められる。

    PC070043.JPG

    側面。
    右から「電源スライドスイッチ」「LEDインジケーター」「イヤホン端子」「マイク」。
    偶発的に電源が入/切しない設計なのが嬉しい。

    PC070045.JPG

    こちらは音量調節ボタン。

    PC070046.JPG

    充電端子。
    カバー付きで見た目も安全性も確保。

    PC070047.JPG

    Dell Streakと接続してみた。

     

    ■所感

  • 電源を入れると即座に検索可能(ペアリング)モードに入ったのはあっぱれ。
  • Streak側から接続してやるとパスコードの入力もなく自動的に接続された。
  • 音質や使い勝手は今のところ良好。
  • 電源を入れると即座にStreakと接続してくれる。Streak側で一度別の機器と接続してしまうとダメ?


    ということで、コスパ良好なBluetoothヘッドセットとして申し分のない働きをしてくれそう。
    この製品の売りであるNFCやワンセグ対応は正直使う機会は無いと思われるが、あって困るものではないので問題ないだろう。


    これで常々充電しなければならないガジェットがまた増えてしまった。
    一度のジョギングは長くても2時間程度なので、一度や二度充電を忘れても使えないということはないだろうが。

    非常時には前回紹介したAnker M2があるので、そうそう困ることはない。と思う。
    あ、でもこれ充電しながら使用できるのかな。次に使うタイミングで試してみよう。




    *コレ↓
    002.png
    現在使用しているXBA-2SLおよびXBA-2VPのプラグは直線で、Dell Streakのように横面にイヤホンジャックがある機器に接続すると出っ張ってポケットに入らなくなる。

    新型のXBA-20からはL字プラグに変わったようなので、同様の要望が多くあったのかもしれない。

  • コメントする