HWD15 Status Notifier バージョン1.0 #12 公開

昨日公開したリビジョン10・11がバグだらけだったので修正。
せっかくダウンロードして下さった方々にはご迷惑をおかけしました。

バグ修正版なので、機能的にはリビジョン10・11と変わらないはず。接続エラー時のリトライ方法は以前に戻したけど。


詳しい更新内容は 続きを読む からどうぞ。


■バージョン1.0 #12 変更点

1.通信モード変更時のクラッシュを修正
通信モード変更中に何らかの通信エラーが発生した場合、唐突にクラッシュしてしまうバグを修正。


2.リトライの挙動が無茶苦茶だったのを修正
リビジョン10で手を加えたリトライ部分の処理を以前のものに戻した。

念のため、接続エラー時の処理を以下に解説しておく。
接続エラーが発生した場合、引き続き「更新間隔」で設定した秒数間隔で接続を試行し続ける。
連続エラー数が「リトライ回数」で指定した回数を超えたら、更新間隔を「リトライ後の更新間隔」で設定した秒数に変更する。
上記②のタイミングでステータスバーに「更新間隔を**分(秒)に設定しました。」と通知を出す。この通知の時間を見れば、いつから接続エラーが出ているか確認することが出来る。
以後接続が成功したら更新間隔を元に戻し、通常の処理に戻る。


3.細々とした修正
自動更新で取得したステータスが「接続中(2) 圏外」の時、メイン画面の電波アイコンが「圏外」ではなく「更新中」に誤って表示されていたのを修正。
アプリ起動時にWi-Fi接続先がHWD15ではなかった場合、ステータスバーに通知アイコンが表示されてしまうバグを修正。


■コメント
通信モードのバグは、通信エラー発生時の処理を実装し忘れていたことが原因。公開を急ぐあまりテストを省きすぎた。
リトライの方は何がやりたかったのか分からなくなってきたので一旦元通りに。無理にリトライ回数を増やして負荷を上げる(電池を消費する)のも良くないので、しばらくは現状の機能を維持するつもり。

前回の記事でも書いたけど、機能的にはこれで十分かなと思っているので、今後は今回のようなバグ潰しを続けていく予定。
もちろん、要望等があればコメントもお待ちしています。


ご意見ご要望バグレポート等はDeployGateのコメントページまたはブログのコメント欄までお願いします。

コメントする