VAIO PにLinuxをインストールしてみた

VAIO PにLinuxをインストールしてみたい」の続き。
VAIO Pがもっさり過ぎてWindowsに見切りをつけてLinuxへ乗り換えようというお話。

前回はインストールするLinuxディストリビューションをXubuntuかLubuntuに定めたので、実際にインストールしてみたい。


■ダウンロードからインストールまで

今回は手軽に導入・削除するため、Wubiを使ってXubuntuをWindows上にインストールすることにする。

WubiはWindows上からLinuxを簡単にインストールすることができるソフト。Windows環境はそのまま残るので、いざという時はLinux環境をそのままアンインストールしてトンズラできるのだ。

Wubiはこちらのリンクからダウンロードできる。


 

このWubi.exeを実行すると、このようにインストールしたいディストリビューションやインストール先のドライブ、割り当てるディスク容量などを選ぶことができる。

002.png

現在のXubuntuの最新バージョンは13.10だが、長期サポート(LTS)版の12.04がインストールされるようだ。

試しに上の画像ように設定し、先へ進むと...

003_1.png

自動でISOファイルをダウンロードしてインストールまでしてくれるのだが...

004.png

30分以上待たされた挙句エラー。もう一度トライしても同じ結果。時間返せ

 
■ローカルのISOファイルからインストールする

そこで、インストールガイドを参考に、「ISOファイルを前もってダウンロードしてWubiと同じフォルダにいれておく」ことでローカルファイルからインストールする方法を取ってみる。


ISOファイルのダウンロードはXubuntuの公式サイトから行う。

最新版の13.10をインストールしたくなるが、こちらのISOファイルはWubiから認識されない。諦めて12.04版をダウンロードする。

001.png

ダウンロードページ内のMirror Downloadsの項目からUnited Statesをクリックし、一覧の中から「xubuntu-12.04.3-desktop-i386.iso」をクリックすればOKだ。

 

この際、Alternate版ではなくDesktop版をダウンロードしないといけない。ファイルリストの上の方にAlternate版があるので間違えてはいけない。ここでも2回躓いた。

ISOファイルのダウンロードが完了したら、ISOファイルとWubi.exeを同じフォルダに置き、Wubi.exeを実行する。


002.png

先ほどと同じように、「インストールサイズ」をとりあえず10GBに設定し、「デスクトップ環境」をXubuntuにする。パスワードを入力したら「インストール」をクリック。
※実際は15GBでインストールした。が、これでもやや少なめ。最低でも20GBは確保したほうが良さそう。

003.png

ローカルからのインストールの場合、ISOファイルのダウンロードは行われない。

インストールが終了したら、PCを再起動する。


すると、これまでのようにWindowsは起動せず、GRUBというブートローダーが立ち上がる。

Ubuntu-10.10_grub.jpeg
※イメージ画像

一番上が今回インストールしたXubuntu、一番下がWindowsを起動するメニュー。何もせず10秒間放置すると、Xubuntuが立ち上がる。


立ち上がるはずなんだが、ブラックアウト。真っ黒のまま画面が進まない。

recovery modeなら立ち上がるようだが、常用する環境ではない。色々と弄ってみたが動作する気配がないので、ここはスパッと諦めてLubuntuにシフトすることにする。

 

■気を取り直し、Lubuntuをインストールする

Lubuntuの公式サイトからISOイメージをダウンロードする。この際だ、13.10の方を試してみよう。

006.png


13.10を試すので今回はWubiが使えないため、ネイティブインストールする必要がある。

そのためには、Unetbootinを使用する。

UnetbootinはISOファイルをUSBメモリに展開し、PCブート可能にしてくれる便利ソフト。

こちらからダウンロードし、起動する。

007.png

ディスクイメージ」にチェックを入れ、先ほどダウンロードしたISOファイルを選択する。

次に、空のUSBメモリのドライブを指定し、OKボタンを押す。

少し待つと完了するので、ISOを展開したUSBメモリだけを差した状態でPCを再起動する。


すると、Unetbootinのブートローダーが表示される。

unetbootin_boot_ubuntu1110.png

※ここでWindowsが起動してしまう場合は、BIOSの設定画面でブートデバイスの順番を変更しUSBメモリを一番に持ってくること。
※ここで「syslinuxほにゃらら」と表示された状態で止まってしまう場合は、USBメモリを変えてみよう。使用するUSBメモリによっては正常に起動しないものがあった。


ブートローダーの画面からそのままエンターキーを押すと、Lubuntuのインストーラーが立ち上がるはず。

 

インストール中に注意する点は、SSDの全てのパーティションを上書きしないようにすることである。
インストーラーが自動で既存のWindowsを認識するので、Windowsと同じパーティションから15GBほどもらってきて、そこにインストールする。これでデュアルブートが可能になる。

インストールが終われば、ブート用に使用したUSBを外し、PCを再起動すればいい。

Lubuntuのロゴが表示され、パスワード入力画面が表示されればブート完了だ。

lubunturunning.png
※イメージ画像

Xubuntuと異なり、インストール・起動共にすんなりと進んだ。起動時間も非常に早く、ログイン後も待たされることはない。デスクトップ上に何もアイコンが無いので少々殺風景だが、それと引き換えにサクサク動作環境が手に入るなら安いものだ。

ということで今回はかなり駆け足で進んだ。途中のインストール中画面のキャプチャも撮れればよかったのだが。もし不明な点があればコメントを頂ければと思う。
では、次回は各種設定やチューニングをしたい。

コメントする