USBマルチメーター「UM34」を購入

USB充電器の間に繋ぐだけで電圧電流を測ったり、充電モードを調べたり、電源ONからOFFになるまでの間に通った電気の量を調べることができる機器。

手持ちのモバイルバッテリー残量の計測、スマホ充電時のQCモード確認のために購入した。

見た目がなかなかごつい。実は横から見ると基盤むき出し。

静電気でショートしそうなので元々はこういうストレートタイプを買う予定だった。

これならプラスチックに入っていて安心なんだけど、USB type-Cも計測できた方がいいかなと思い直しUM34を選択した。

Bluetooth経由でデータを取得できる「UM34C」というモデルもあったが、そこまで細かいデータは要らないので安い方にした。

なお、Amazonを見てみると似たような商品が沢山。

性能も値段もピンキリのようだけど、何が良いのかわからないのでとりあえず一番安い物から攻めることにした。用途的にはこれで十分だし。

Redmi Note 7 Proを入手した

GW訪中のタイミングでRedmi Note 7 Pro(国内版)を入手。

そろそろ中国国内用のスマホが欲しかったので、安く手に入ったものを現地の人に譲ってもらった。

000.png

画面サイズが5.15インチのHuawei Honor9と比べるとやや大きく感じるが、画面占有率が段違いなので非常に見やすくてよい。

Honor9のこだわりポイント「表面の指紋センサー」がなくなったため机に置いたままロック解除するのが面倒になったが、顔認証もできるので悪くはない。

CPUがミドルハイのSnapdragon 675、RAMは6GB、ストレージが128GB+MicroSDなのでスペックも文句なし。裏面のカメラが出っ張ってるのがちょっとアレだけど。

その他で気になった点と言えば・・・

中国に行く際に気を付けた方がいいこと

中国へ行った際の発見、失敗、注意事項、必要なもの、ヒントなどをつらつら書いていきます。

地方によって大きく違うのであくまでの参考程度に。他にも何かあれば是非コメントいただければ幸いです。

 

スマホとインターネット

兎にも角にもインターネットは必須。特にガイド無しで中国に行く場合、困った時はまずネット検索に頼ることになる。

にもかかわらず、当サイトでも何度か取り上げているが、中国国外の一部サイト・サービスはブロッキングされており中国大陸からは繋がらない。

そのため、現地で買ったSIMカードやホテルのWiFiに接続している間はLINEやGoogle、Twitterなどのサービスに接続できなくなるのだ。

二言三言しか中国語を話せない身で孤立無援なのは冗談抜きにキツいので、ブロッキング対策が必要になる。

JNH PhenixのmicroSDXCはどんなカード?買ってもいいの?

フェニックス(Phenix)という赤と黄色で目がチカチカしそうなmicroSDXCカード。チャイナらしさ抜群のデザインは嫌いじゃない。

そしてとにかく安いのが特徴。

同容量のサムスンEVOPlusと比べると、128GBなら1000円、256GBなら2000円、512GBなら5000円程の価格差がある。

[2019年]GoPro比較 最新モデルの検討ポイント

2019年4月。GoProを買いたくなったので、いろいろ検討する中でどんなことを比較したかを書き記しておく。

最新モデルはGoPro HERO7シリーズ

モデル名 概要 定価 売値
HERO7 Black 最上位機種。高性能手振れ補正他つよつよ機能搭載 ¥53,460 ¥43,959
HERO7 Silver 中間機種。4K対応。 ¥41,580 ¥35,000
HERO7 White 最安機種。4K非対応で1440p/1080pのみ。 ¥29,860 ¥25,500
HERO 2018 前年モデル最安機種。 ¥31,860 ¥22,466

公式サイトに載っている機種は上3つ。一番下のHERO 2018は前年モデル。
※売値は2019年4月22日現在の価格.comより最安値をピックアップ。

各モデルの詳しい違いは他のサイトでたくさん紹介されているので割愛。

とにかくBlackが最強で、画質も手振れ補正もダントツ。予算に余裕があるならBlack一択なのだが、アクションカメラに4.4万をポンと出せるかというとちょっと躊躇しちゃう。