Powerbuilder - タイマー処理

タイマー処理を使用すると、指定した秒数ごとに処理を繰り返し実行することができる。
例としては、1分ごとに自動でデータを再取得して画面のグラフを再表示したり、タイムアウト処理に使ったり。

 

タイマーには2種類ある

このタイマー処理には2種類あり、ひとつはウィンドウが持つtimerイベント、もう一つがtimingユーザーオブジェクト。

前者はウィンドウが持つイベントのため実装が楽だが1ウィンドウにつき1つのみという制約がある。
後者は制約はないが、別途ユーザーオブジェクトを作成しないといけないのがやや手間だ。

PowerBuilder - ドロップダウンデータウィンドウ

ドロップダウンデータウィンドウ(DDDW)は、データウィンドウの項目(カラム)の編集様式の一つ。
テーブルからデータ取得したDWはコード(内部値)しか持たないが、画面にはそのコードに対応した外部値を表示したい場合に便利な機能。

 

実例

  • 社員マスタDW (画面に表示するためのDW)
社員ID 社員名 部署ID 住所
0001 1太郎 A0001 ~~~~
0002 2次郎 A0001 ~~~~
0003 3三郎 B0001 ~~~~

 

  • 部署マスタDW (社員マスタDW内の部署IDから名称を取得するためのマスタ)
部署コード 名称
A0001 東京本社
B0001 名古屋支社
C0001 大阪支社

 

上記2DWを例とすると、

社員マスタDWをそのまま画面に表示すると、部署IDは「A0001」とか「B0001」とかコードのまま表示されてしまう。

中国工商銀行のオモチャ

中国工商銀行で口座を開設したら貰える「オモチャ」を見せてもらった。「金融@家」とか「u盾」と呼ばれている。
日本の銀行でいう所の「パスワードカード」みたいなものか。

001.jpg