Azureで立てたShadowsocksが規制されたのでOpenConnectサーバーを立てた

前回までの7MC.ORG――――(海外ドラマ風

中国訪問時にインターネット規制をかいくぐるためAzureに導入したShadowsocksサーバー。これまで何度かお世話になっていて、前回訪中時にもMi SIMと組み合わせることで最高のコスパを発揮してくれた。

しばらく現地の協力員にも貸していたのだが、今日になって「使えなくなった」と連絡が。

Three(3)の30日2GB中香澳SIMを購入した

中国SIMカード紹介記事でも紹介したThree(3)の中香澳SIM。またの名を中国のお供

30日間2GBまで使えて1300円弱コスパ最高で、加えて壁超えもできるため個人的におすすめの中国SIM。
ブランドこそイギリスの通信会社Threeのものだが、実際の接続先はChina Unicomなので周波数的にも日本スマホとの相性バッチリ!

と大絶賛したものの、自分で買って試さないのはどうなんだ、ということでAmazonで買ってみた。

中国旅行・出張時のSIMカード選び方をご紹介

旅行や出張で中国に行く際、どんなSIMカードを買えばいいか分からない!という方へ。
私が色々と検討した中で見つけたおすすめのSIMカードをご紹介します。

※この記事はこちら↓の書き直し版です。

Q&A方式で、簡単な質問に答えていくだけであなたにオススメのSIMカードが分かるようになっています。

中国旅行とデータ通信用SIM

先月からちょくちょく中国へ行く機会があるので、中国訪問時に便利なスマホのSIMカードについて調べたあれこれをまとめておく。

訪中する度に適宜編集・追記しているため、気になる人は思い出したときにでも再訪問してみて欲しい。

こちらにまとめ直した記事を書いた

 

概要

  1. 今使っている(日本国内で購入した)スマホで使えるSIMが欲しい
  2. データ通信専用でいい(通話は不要)
  3. 金盾を回避できてLINEやGmail等が使えるSIMがいい

この3つのポイントを軸に紹介したい。

 

1.今使ってるスマホがそのまま使えるSIMが欲しい

わざわざスマホを買い直すのもアホらしいので、今のスマホで使えるSIMを探すことにした。

中国の通信会社(日本で言うドコモ、au、ソフトバンク)は以下の3つらしい。

  • 中国移動(China Mobile)
  • 中国聯通(China Unicom)
  • 中国電信(China Telecom)