HWD15 Status Notifier バージョン1.0 #9 公開

HWD15のステータスをAndroidのステータスバーに表示するアプリ「HWD15 Status Notifier」。

公開から1週間足らずでユーザー数が2桁を超え、簡単なアプリながら需要はあったんだなぁと実感中。

今週末も更新を実施し、最新版のバージョン1.0 #9を公開した。

更新内容は 続きを読む から確認のこと。

■更新内容

大きな追加機能として、HWD15の通信モード変更に対応した。
また、細々とした変更を行った。


バージョン1.0 #9 変更点

①通信モードの変更に対応

  • メイン画面にてメニューボタン(右下)をタップすると切り替えメニューが表示される。
  • 意図しない料金が発生することを防ぐため、HS+エリアモードへの変更は実装していない。
  • メイン画面に現在の通信モードを表示するようにした。

002.png


②自動更新中に接続が途切れた際の挙動を変更

  • 5回まで...通知を更新しない
  • 6~20回...現状の更新間隔のままリトライを続行
  • 21回目...更新間隔を1分に設定
  • 22回目以降...通知を更新しない

10回ではタイムラグが大きすぎたので、リトライ回数5回目からエラー表示を出すように変更。
更新間隔を1分に設定した後は通知を更新しないので、通知時刻を確認すればいつから接続が途絶えているかを確認することが可能に。

③バグ修正

  • 電池残量20%(充電中)のアイコンサイズが大きすぎたのを修正


今リビジョンについてのコメント
以前から実装したかった通信モード変更への対応が思ったより早く実現した。
といっても、HWD14のやり方では上手くいかず、より複雑になっていた。
パラメータ一つでHS+モードにも対応できるようだったが、私には使う予定が無いのに加えて、バグ等で意図せぬ料金が発生するのを避ける為に実装を見送った。

副産物として、通信モード変更のみに特化した簡単なアプリも作ってみた。
起動して通信モードを選択するだけの簡単なアプリだが、モード変更だけを目的とした場合、かなり手軽に変更できるようになる。
Llamaのようなステータス変更アプリと連動できるよう、インテント起動にも対応させようと画策中。

こちらも機会があれば公開してみようかな。


■今後の予定
話がそれたが、今後の予定などを。

当面の目標だった通信モード変更をクリアしたので、次に考えていた再起動・電源オフについて調査していたが、これを実装するのは見送ることになりそう。
というのも、Web画面をもう一度よく見てみたら、「再起動」ボタンはあるが「電源オフ」という項目はそもそも無かった。
HUAWEI公式アプリには「電源オフ」という項目があるが、押しても電源オフされるどころか設定をオールリセットされてしまう様子。
(何度か繰り返した度にWiFiのパスワードが入力し直しになったのには参った)

電池消費を防ぐため、こまめに電源オフするのに便利だと思っていたのだが、再起動しか出来ないとなるとあまりメリットを感じない。
ログイン部分の実装もなかなか手間がかかりそうなので、この機能は無かったことにする予定。

残りのタスクは、メイン画面のステータスも自動更新できるようにすることと、GUI周りの改善ぐらいか。
アプリ自体のメモリ消費量はそれほど多くないんだけど、DeployGateのSDKが40MBとか消費していることがあるので、こちらも考えなければ。
といっても、DeployGateを離れるならPlayストアしかないんだけど...。


ご意見ご要望バグレポート等はDeployGateのコメントページまたはブログのコメント欄までお願いします。

コメントする