ETC車載機の調子が悪かったのでヒューズを交換した

今の車を中古で買ったときにサービスで付けてもらったETC車載器の調子が悪い。

初めはETCゲートを通過できたりできなかったり不安定だったが、段々と反応すらしなくなり、遂に電源が入らなくなった。

元々販売店で要らなくなった物をオマケで付けてくれたもので、当然ながら中古品。

古いから仕方がないかなぁと思っていたけど、調べてみたらヒューズ切れの可能性があるらしい。

 

 

早速、開腹してみる

オーディオ付け替えやシガーソケット増設などでインテリアパネルの開腹は経験済み。

001.jpg

オーディオハーネスなどゴチャゴチャした配線をかき分け、ついにETC車載器のヒューズボックスを発見。

二股に分かれていて、それぞれ1Aの管ヒューズが入っていた。

002.jpg

オートバックスで同型のヒューズを買ってきて両方とも交換したら完了。思ったより簡単でよかった。

 

二股に分かれている理由

調べるまで知らなかったのだが、ETC車載器は常時電源とACC電源の2電源が必要らしい。

003.jpg

それぞれ「ヒューズボックスからの平ヒューズ」&「配線途中の管ヒューズ」の二段仕込みになっていて、今回切れていたのは管ヒューズだけだった。

もし平ヒューズも切れていたら、ヒューズボックスを覗き込んでアレコレしないといけなかっただろう。

交換が簡単な管ヒューズだけで済んだのは不幸中の幸いだったのかも。

コメントする