レフティでもサバゲがしたい!

以前G36Cのスリングスイベル問題について少し言及した。

これは、G36Cのスリング穴が左側にしかない*ため、スリングを装着した状態で左手で構えるとスリングがストックをまたいでしまう問題だ。
この状態だと顔の前にスリングが通ってしまい邪魔になるし、そもそもスリングでの保持が不安定になってしまう。

 
以前から改善策を模索していたのだが、先日ショップでこんなものを見つけた。

この商品、元々はフロントサイト下のピンと置き換えることでスリング穴として機能する(画像参照)のだが、

こいつをリアサイト下のピンと置き換えることで、左利き向けの配置にすることに成功。(もちろん、ピンは左右逆に取り付けること)

これで左手で構えた際にスリングと銃の接点が手前側に来るようになった(ストックをまたがなくなった)のでスリングでの保持が安定し、素早いエイムが可能になった。

なお、緩み防止ナットを採用しているため、取り付けにはかなりの力が必要。
ナットをペンチでしっかり押さえ、スリング穴に六角レンチを通して回して締めた。


穴の径は元のスリング穴と同程度なのでマグプルMS2は通らず、相変わらずナスカンを通している。スリング穴が金属になったので、使う度にナスカンが削れていっているのが気になるが致し方ない。

ナスカンじゃなくてエスビナーというものを使うといいらしいね。
電動ガン向けだと、荷重4.5kgの「エスビナーステンレス #2」あたりが良さげかな。

ともかく、千円少々の投資で快適に使用することができるようになったので、左利きの方でG36Cのスリングに困っている方はぜひお試しあれ。



*しかもプラだし。

コメントする