Ghosteryを使って広告をブロックする

Ghosteryはブラウザのアドオンとして使うツール。

Google Analyticsをはじめとする解析ツールや各種トラッカーを検出し、必要に応じてブロックすることができる。

元々は閲覧者のプライバシー保護を目的としたツールなのだが、広告の検知・ブロック機能が優秀なため、アドブロッカーとしても活用できる。
というかほぼ広告ブロックのためにしか使用していない←

PCのブラウザではFirefoxChromeOperaSafariに対応している(IEェ...)。

こちらのダウンロードページから簡単にインストールできる。

Ghostery - ダウンロード

 

■使い方(丸投げ)
詳しい使い方についてはこちらのサイトが非常に分かりやすいため、一読をおススメする。

あなたを追跡者から守る!Ghosteryでプライバシーを守る事の重要性


基本的にはチュートリアル(初期設定)画面で、ブロックする媒体を選ぶ際に「広告」にチェックを入れるだけでよいかと。

すべての広告を網羅しているわけではないが、主要な広告はだいたいブロックされるので無問題。

また、Google+やFacebookボタンも無効にできるので、これらの機能が不要な人にとっても嬉しい。
もちろん、トラッカーのブロックもお好みに合わせてどうぞ。

 

■モバイル端末でも大活躍
Ghosteryはモバイル端末でも使用できる。具体的にはiOS,Firefox Androidに対応している。


私はこれまでモバイル端末においては「Adblock Plus for android (ABP)」を使用していたが、ABPは正直癖があって使いづらかった。
基本的に好きなブロックリストを購読(登録)することでそのリストに含まれている広告をブロックしてくれるのだが...

  • リストによってカバーしている広告が微妙に異なるため、ブロックされない広告がある。
  • 逆に過剰にブロックしてしまいアクセスできないページが出てくる(ショッピングサイトなど)。
  • 個別にブロック/許可設定ができないため、過剰ブロック時はABPごとオン/オフする必要があり手間がかかる。

などなど不満点も多く、「こいつを入れとけばとりあえず大丈夫」という状態には程遠かった*


そこでGhosteryである。
Firefox Androidをインストールする必要があるが、アドオンとしてGhosteryをインストールすれば、デスクトップ版と同様に多くの広告をブロックしてくれる。

ブロックしてくれる広告に今のところ漏れは無く、特にブログに多いごちゃごちゃした広告群が一掃されてるため重宝している。

 

欲を言えば普段使い慣れているChromeブラウザで使用できればよいのだが、モバイル版のChromeが拡張機能に対応していない以上、対応は期待できないだろう。

当分の間はFirefoxとChromeを使い分けることで対応するつもり。
Firefoxの各種アドオンには便利なものも多いので、これを機にFirefoxを使いこなしてみるのもよいかもしれない。

 


*それでも無駄なトラフィックの抑制と画面追跡型の広告ブロックができるだけでもかなり助かるのだが。

コメントする