Amazon Mastercardが不正利用された時にするべきこと

Amazonのクレジットカード「Amazon Mastercardクラシック」が不正利用をくらった。

カード発行元が提供している「三井住友カード Vpassアプリ」というスマホアプリをちょうどインストールした所だったので運よく早期発見できた。

こまめな明細確認、大切。スマホアプリがオススメ。

 

身に覚えのない請求

これがカード会社の利用明細だ。「AMAZON.CO.JP」名義で8件、身に覚えのない請求が来ていた。

Clipboard04.pngのサムネイル画像

実はAmazonのクレジットカードは2枚持っている。

元々は年会費無料の「Amazon Mastercardクラシック」を使っていたのだが、一年ほど前からポイント還元率の高い「Amazon Mastercardゴールド」を追加発行し、Amazon注文は全てゴールドの方を使っていたのだ。

今回不正利用の被害を受けたのは、もう使っていない「Amazon Mastercardクラシック」の方だ。明らか私の注文ではない。

 

 

注文履歴を確認

まずAmazonのアカウントが不正ログインされた可能性を考え、注文履歴を確認。

Clipboard05.png

怪しい注文履歴は無かった。

一番最後の注文は3/7にKindleで買ったザ・ファブル。

↑今なら無料で読めるらしいのでぜひ。めっちゃ面白い!・・・なんて無駄話をしている場合ではない。

 

念のため「デジタルコンテンツの支払い設定」を確認

これはKindleやAmazonビデオなどの代金引き落としに使用するカードの設定。

Clipboard06.png

これも両方ともゴールドに切り替えているので、クラシックの方に課金されるはずがない。

そもそもAmazonの注文履歴がない以上、私のアカウントから注文されているわけではないのは確定しているが、念のため。

 

Amazonに問い合わせる必要あり

不正利用っぽいことが確定したので、まずはカード会社である三井住友カードに問い合わせようと思ったが、利用明細の注意事項欄に

明細のなかに利用した覚えのないご利用店名の記載がある場合は、こちらをご覧ください。

と記載があり、「お問い合わせの多いご利用店名」を確認するよう書いてあった。

その中から「AMAZON.CO.JP」を探してみると、下記の記載が見つかった。 

明細書表記
AMAZON.CO.JP

サービス内容
Amazon.co.jp(通信販売)ご利用時の代金です。
ご注文中の商品の配送状況や過去のご注文内容は、Amazon.co.jpにログインのうえ、「アカウントサービス」にてご確認いただけます。

お問い合わせ先 など
個人情報の観点からカード会社での調査ができないため、下記窓口へお問い合わせください。
Amazonカスタマーサービス
0120‐999‐373
24時間・年中無休

カード会社では調査できない...?どうすれば...?

と考えても仕方ない。指示通りAmazonカスタマーサービス「0120‐999‐373」に電話。

 

Amazonカスタマーサービスとのやり取り

本人確認のため、Amazonアカウントのメールアドレス、アカウント名義、登録郵便番号・住所、クレジットカード番号下4桁を伝えた。

2段階認証にオンにしていたため、オペレーターから「2段階認証確認用のメールが来るので、暗証番号を読み上げろ」と指示があり「詐欺じゃないよな」と少しドキドキ。

 

ちなみに、先にAmazonにログインしてこちらから問い合わせジャンルを選んで電話すると、この本人確認プロセスは不要らしい。

amazonhelp.png

焦ってそのまま電話してしまったが、こちらの方法の方がスムーズに問い合わせできるだろう。

 

本人確認後のやり取り

本人確認が終わると、まず最後に注文した商品の確認をされた(こちらでもログインして注文履歴を確認済み)

注文履歴に残っている最後の注文よりずっと後に請求が上がっているため、全く身に覚えがない事を伝えると、他にAmazonのアカウントを持っていないか聞かれる。持っていない。

それから、クレジットカードを家族や他人と共有していないか聞かれたが、それもない。

次に、念のため電話番号を聞かれたので携帯電話番号と固定電話番号を伝えるが、どちらもAmazonにアカウントは存在せず。(そういえばAmazonに電話番号は登録していないな)

 

ここまでで確認は終了のようで、オペレーターのお姉さんから「不正利用の疑いがあるため専門の部署に回して調査する」と伝えられた。

どうやら他人のAmazonアカウントに私のカードが登録されてしまい、不正利用された疑いが強いとのことだ。

同時に「別途クレジットカード会社に報告してほしい」とも言われたため、カード会社の問い合わせ先を調べることにした。

 

三井住友カードに連絡...したいのだが

三井住友カードのWebサイトをいろいろ探してみると、身に覚えのない請求に関する連絡先はこちらのようだ。

FORYOUデスク
0570-001-457
9:00~17:00(12/30~1/3休)
カードをご用意の上、ご本人様からご連絡ください。
この電話は東京・大阪に着信し、通話料はお客さま負担となります。

残念ながら不正利用が発見したのが日曜日の17時。先にAmazonに電話していたので時間切れ。

 

他の連絡先はこちらにもあるが、こちらも受付時間は一緒で間に合わず。

お問い合わせ|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

唯一24時間対応しているのは紛失・盗難窓口のみ。

三井住友カードを紛失・盗難の際は|クレジットカードの三井住友VISAカード

残念ながら今回はこちらの窓口は対象外だろう。

電話したとしても「こちらの窓口は紛失・盗難専用です。ご不安なのは分かりますが明日の朝に電話を...」と言われるのが関の山だ。電話対応のお姉さんの手間を増やすのも酷だろう。

ということで翌日にFORYOUデスクに電話をすることに。

 

FORYOUデスクに電話

腹立たしいことにこの電話番号は通話料がかかる。

なんで不正利用くらった被害者が金払って対応せなあかんねん!

悔しいので、Winタブを買ったときに付いてきたOfficeサブスクリプション内の「毎月60分の無料スカイプ通話」を使用した。

ただ、Skypeの電話は海外通話扱いになるため0570の番号には架電できず(よくあること)

代わりに実番号であるこちらに電話した。

東京
03-6627-4837
大阪
06-7636-0157

電話はすぐ繋がり、

1.「Amazonで不正利用された」
2.「本人確認のやり取り(名前、住所、カード番号等)」
3.「不正利用請求日、請求金額を一件ずつ読み上げる」
4.「Amazonには報告済み」

を伝えた。

結果「金額的にも不正利用の疑いが強い。他のアカウントにカードが登録されたのだろう」と、Amazonのカスタマサポートと同じ回答だった。よくある手口なのだろう。

その場で請求を止めてもらい、もう使っていない「Amazon Mastercardクラシック」を停止してもらった。これで一件落着だ。

 

その後

Amazonのカスタマサポートからは「件数が多いので調査結果の報告には2,3日かかる」と言われたが、結局3日経っても音沙汰はない。

ただカード会社の明細を確認すると、当該の請求は消えていたため、不正利用分が請求されることはなさそうだ。

これまでのやり取りで大体の事情は察することができたので、今更調査結果が分かった所で何ともないのだが。お金がと取られなければそれでいい。

「余計なカードは持っているだけでリスクになり得る」ということが教訓。色々と特典目当てにカードを作りがちなので、不要になったものは順次解約していったほうがよさそうだ。

コメントする